心と体・人と人をつなぐ虹の架け橋

◆当クリニックについて◆

「安心便利・まごごろ」を柱に
赤ちゃんが大人になるまで
ファミリーの健康と育ちをサポート
◎安心・便利
感染対策・待ち時間短縮・ファミリー全員の診療可能
<感染対策>
発熱・咳・下痢嘔吐などの症状がある方は院内の待合スペースにはご案内していません。
院外の待合スペースで待機していただき、検査は外の発熱スペース、診療は院内の隔離スペースにて行っています。
また院内には空気清浄機を常時稼働し感染対策に努めています。

<待ち時間短縮> 15分の枠に1~3名の患者さんの予約を受けています。
Web問診を事前に入力いただくことで、院内での待ち時間は短縮できます。
ご協力いただきありがとうございます。
予約内では来院された順番でお呼びしています。待ち時間は5~15分以内を目指しています。

<ファミリー全員の診療可能>
子どもが優先でなかなかケアできないママパパの体調不良にも対応します。

◎まごころ
まごごろで寄り添う、子育て経験のあるスタッフ陣
院長のあさこ先生を含めて、スタッフ全員子育て経験者で子どもが大好きです。
それぞれアレルギー疾患があったり、不登校があったり、沢山の経験をしているので、子育ての大変さ、楽しさを一緒に共有することに喜びを感じています。

◆院長紹介◆

 院長 樋口麻子

私はこの土地で育ち、子育てで地元に帰ってきて3人の子どもとこの土地で暮らしました。

その中で、保育園、幼稚園、小学校、中学校、高校、そのあとと子どものサポートが途切れてしまうなあと感じることがあったこと。

9歳差のある3人の子どもを育てる中で「お互い様」「地域で子どもをみていこうよ」という気配がどんどんなくなっていることを強く感じたこと。

この土地で子どもの生活圏で切れ目のないサポートができないか?
子どもを大きい視野でみていく地域づくりができないか?

自分の得意分野である医療でひととひとをつなげないか?

そんなことを考えて2022年に開業いたしました。

なのでカフェスペースを併設してみたり、診療時間外に子どもの病気や発達に関する勉強会、「おしゃべりTime」での個別相談の時間などをやっています。

私自身、結構な発達の凸凹があり
子育てはまあ波乱万丈いろいろあり
決して優等生なママではありません・・・
(おしゃべりTimeなどではぶっちゃトークいたしますよ~。結構みなさんびっくりされて、そして安心されます。先生のとこでもそんなことが・・・・って)
そんな私だからできることをこの新宿で・・・

親子の笑顔のために・・・

 

 

(経歴)
1995 名古屋市立大学医学部卒業
1995 慶應義塾大学病院小児科学教室入室
1997 都立清瀬小児病院新生児科
1999 都立清瀬小児病院内分泌代謝科
2000年~2024年3月 公立福生病院内分泌代謝外来担当
2016年 大波クリニック
2021年 なかむら耳鼻科小児科
2022年 4月 新大久保にじいろおやこクリニック開院

(所属学会)
日本小児科学会、日本小児科医会、日本小児内分泌学会

(資格) 小児科専門医、子どもの心相談医、公認心理師

◆施設・設備について◆

・駐輪スペースあり (ベビーカーはそのままOK)
・トイレにおむつ替えスペースあり
・院内の消毒、高機能空気清浄機、定期的な換気による完成対策を行っています
(発熱外来は院外の屋根付きスペースで行っています)


 

PAGE TOP